d0b7e8a4f592a07f1a2f4c036229a02f_m

インフォメーション

生教会会長挨拶

2015年4月10日  

生教会会長 小田川 浩三 p8小田川浩三会長

合掌ありがとうございます。
私たち「生長の家教職員会」は、すべての児童・生徒を「神の子」として認め、その神性・仏性、また、一人一人に宿る天分・個性をさまざまな表現活動を通して引き出す“生長の家の教育法”を実践している教育関係者の集まりです。

“生長の家の教育法”を実践しますと、児童・生徒の生命は輝き出し、その成果は枚挙にいとまがありません。また、自然と共生する教育活動を行い、教え子に自然と共に生きることを伝えています。友を愛し、 自然のなかの動植物・鉱物も神のいのちの現れとして慈しむ、こころの涵養と取り組みです。この活動の中から地球環境保全に貢献する人材を育成します。

このために私たちは、教育関係者の学びの場として、「幸せを運ぶ教育フォーラム」を全国各地で開催しています。 生教会会員はもとより、現職の教育関係者の方、同資格のある方はどなたでも参加できます。ご一緒に学び、教育運動に夢と希望と情熱をもって前進しましょう。

また、生長の家では、幼児・小学生の集う場として、「生命学園」を全国津々浦々で開園しています。

学校教育では、“いじめ”と“体罰”、“休職教員”の問題が大きな課題になっています。“自然と共生する教育”から“新しい生き方”――「自然への回帰」が、生徒と教員の癒しのコンセプトになると思います。

私たちは、人生の光明面を認めて、それを心に把持する、「日時計主義」を教育に実践しています。このことにより、どんな問題や困難があっても“喜びの教員生活”を営むことができることを提案しているのです。

一昨年、生長の家国際本部が“森の中のオフィス”に移転し、自然と人間が調和する社会づくりへの取り組みがはじまりました。私たち生教会も自然と共に生きる新しいライフスタイルを実践し、発信していきます。

未来に羽ばたく児童・生徒の教育と、それを担う教育関係者が学ぶ場に、ともに集い、ともに祈り、実践しましょう。

生長の家教職員会へ、どうぞおいでください。

FavoriteLoadingお気に入りに登録